キャバクラボーイ(黒服)の「顧客管理」は大変!?お客さんの顔と名前を覚えるには?

キャバクラボーイ(黒服)の「顧客管理」は大変!?お客さんの顔と名前を覚えるには?

毎日多くの方が来店するキャバクラでお客様の顔と名前を一致させるのは難しいですよね。

「顧客管理」はキャバクラボーイの重要な仕事です。
顧客管理をきちんと行えているボーイがいるキャバクラは、安定した売上をキープできているところがほとんど!

そこで今回は、キャバクラのボーイがお客様の顔と名前を一致させ、スマートに顧客管理ができるテクニックをご紹介します!

キャバクラボーイ(黒服)の「顧客管理」は大変!?

キャバクラボーイ(黒服)の「顧客管理」は大変!?
「キャバクラの顧客管理って、お客様の名前とかを覚えるだけでしょ?簡単じゃないの?」と思う人もいるでしょう。
しかし結論から言うと、キャバクラボーイの顧客管理は大変です!

キャバクラの顧客管理は、具体的にどのような点が大変なのでしょうか?以下を見ていきましょう。

1日に何十人も接客するから

キャバクラは1日に何十人ものお客様が出入りする場所です。都内の大型店などでは、お客様の来店数が1日に100人を超えることもあります。

しかしそんな中でも、キャバクラのボーイは、1人ひとりのお客様の顔や名前などをすべて把握した上で接客をしなければいけない為、余計に顧客管理が大変になります。

似たスーツ姿のお客さんが多いから

キャバクラはサラリーマンや企業の社長など、スーツ姿のお客様が多く来店します。似たようなスーツ姿のお客様が同じ空間に多くいると、見分けがつかなくなってしまう可能性があります。

もちろん、人違いはお客様への失礼にあたるので、キャバクラのボーイは来店したお客様がどういう方なのかを認識した上で接客しなければいけません。

お酒を飲むと忘れやすくなるから

キャバクラのお客様の中にはボーイを呼んで、一緒に飲もうと声をかけてくる人もいます。その場合、通常ボーイはお客様のそばまで行き、一緒にお酒を飲むことになります。

お酒の量が増えてくれば、酔いで頭が働かず、記憶しづらくなります。

キャバクラボーイ(黒服)が「お客さんの顔と名前」を覚える必要があるのはなぜ?

キャバクラボーイ(黒服)の「顧客管理」は大変!?お客さんの顔と名前を覚えるには?
そもそも、なぜキャバクラボーイはお客様の顔と名前を覚えて顧客管理する必要があるのでしょうか?こちらも詳しく解説します。

常連客に失礼のないようにしなければいけないから

ボーイがどのお客様にも等しく接するのがキャバクラの接客業としての基本です。しかし、常連のお客様には失礼のないように、ボーイは特に丁寧に接客する必要があります。

ボーイが名前と顔を覚えるのはもちろん、お客様がどういう人なのか、以前の来店時には何を話していたのかなどを正確に覚えておかないと失礼にあたります!

入り口でお客さんの出迎えをするから

キャバクラボーイはお店の入口でお客様の出迎えをします。その際に「〇〇様、いらっしゃいませ」「〇〇様、ありがとうございました」と言って接客します。お客様が来店・退店するときは、サッと名前を添える必要があるのです。

常連客からの信頼度アップにつながるから

名前と顔を覚えておくと、常連のお客様からの信頼度アップに繋がります!お客様とボーイの間で信頼関係が結べるようになると、長くリピーターとなってくれる可能性が高くなるんですよ!

キャバクラボーイ(黒服)の顧客管理に便利!「お客様ノート」をつけよう!

キャバクラボーイ(黒服)の顧客管理に便利!「お客様ノート」をつけよう!
顧客管理を効率的に行えるキャバクラボーイは、ただ単に顔と名前を頭の中だけで記憶している訳ではありません。

実は、できるボーイは「お客様ノート」と呼ばれる顧客管理専用ノートを作って、1人ひとりのお客様を正しく覚える対策をしているんです!

お客様ノートには主に、以下のような7つの項目が書かれています。

お客様の名前

お客様の名前は、キャバクラのボーイが最低限覚えておくべきマストの項目です!お客様から名刺を受け取っているときは、一度預かり、名刺に書いてある情報は全て記入しましょう。

また、あだ名があるお客様は、そのあだ名もメモしておきます。あだ名はお客様とキャバクラ店の距離間をグッと縮める為の大切な情報なんですよ!

外見の特徴

服装や髪の長さ、身長や体型など、外見の情報も大まかで良いのでお客様ノートに書いておきましょう。「有名人の〇〇に似てる」といった目立った特徴があると分かりやすくなりますよ!

職業

キャバ嬢とお客様の会話の中で、職業の話が出たらすかさず記録します。
職場がどの辺りのエリアなのか、あれば役職は何なのかも書いておきましょう。もし聞き取れなかった場合は、後からキャバ嬢に聞き出すのもOKです。

話し方

話し方の特徴や、話すスピード、声質なども記録しておくと、同じような見た目のお客様がいた場合でも見分けがつきやすくなります。口癖があるお客様はそれも書いておくと、キャバ嬢が接客する際の話のネタにもなりますよ。

女の子の好み

キャバクラにフリーで来店したお客様の場合、ボーイはまずお客様に女の子の好みを伺います。

そのときに伺った女の子の好みをメモしておくと、次の来店時にそのお客様が好きそうな女の子を付けることができます。すると「このボーイは自分のタイプを理解してくれている」と思われ、お客様からの信頼度がアップします!

キープしているボトル

ウイスキーなのか焼酎なのか、銘柄は何なのかを記録しておきましょう。お客様のキープボトルが空になった場合も、スムーズに新しいボトルを用意することができますよ。

指名しているキャバ嬢

指名のキャバ嬢がいるお客様の場合、そのキャバ嬢の名前も一緒に記録しておきます。そうしておくと、「来週の〇日にご指名の〇〇が出勤しますよ」とさりげなく再来店をうながすことができます!

キャバクラボーイ(黒服)が「お客さんの顔と名前」を覚えるコツ

キャバクラボーイ(黒服)の「顧客管理」は大変!?お客さんの顔と名前を覚えるには?
実は、お客様ノートを上手く活用しながら、キャバクラボーイがお客様の顔と名前を覚える為のコツがあります。

こちらも詳しく見ていきましょう!

接客中はお客さんの名前を必ず呼ぶ

キャバ嬢だけじゃなく、キャバクラボーイもお客様の名前をこまめに呼ぶようにしましょう!
「〇〇様、いらっしゃいませ!」「〇〇様はどう思いますか?」など、話の先頭にお客様の名前を付けるのがオススメです◎

そうすると、お客様に「自分を歓迎してくれている」という安心感を与えられます。また、他のキャバクラボーイやキャバ嬢にも、個別に伝える手間なくお客様の名前を知らせることができますよ。

ノートの内容は読み返す

キャバクラへの出勤前に、予約をしていて来ることが分かっているお客様のページは、必ず確認しておくようにしましょう。

また、キャバクラの営業中でも、「あれ誰だったっけ!?」と忘れてしまった場合は、お客様がお手洗いに行くタイミングなどで、すかさずノートをチェックしましょう。

お客さん自身に興味を持つ

キャバクラボーイは立派な接客業です。お客様との関係を長く続ける為にも、お客様自身に興味を持つことが顧客管理の大切なポイントです!

ボーイはキャバ嬢のように常にテーブルに付いて接客をする必要はありませんが、「〇〇様、お久しぶりですね!出張に行かれてたんですか?」「今日は一段と素敵なネクタイをされてますね!」など、ボーイの方からフランクに話かけると、お客様も心を開いてくれやすくなります!

もちろん、お客様の目的はキャバ嬢と楽しく話すことですが、ボーイも積極的にお客様とコミュニケーションをとることで、お客様にとって居心地の良い空間を演出することができますよ!

まとめ

まとめ
キャバクラボーイにとって、「顧客管理」は非常に重要な仕事です!顧客管理が上手く行えているキャバクラ店は、お客様からの評価も高く、その分売上も順調に伸びていきます。

顧客管理のコツは、お客様ノートを欠かさずつけ、お客様に興味を持ってもらうこと。この2点を抑えながら働くと、おのずと結果がついてきます!

さらに、自分に合ったお店で働けば、お客様との関係性も築きやすく、顔や名前を覚えやすくなりますよ☆

自分に合ったお店を探すなら、「メンズ体入」がオススメです!

メンズ体入」では、厳しい審査を通過した『優良店』ばかりを掲載してるので、安心×安全に稼げるキャバクラが見つかります。
ぜひ、「メンズ体入」であなたにピッタリのキャバクラを探してみて下さいね!