キャバクラの「BGM」を洋楽にして売上アップ!?

キャバクラの「BGM」を洋楽にして売上アップ!?

キャバクラのお店では、BGMを必ず流しています。
そしてそのBGMを選曲するのも、キャバクラボーイの仕事です。
流すBGMの選曲はお店によって様々ですが、洋楽を流していることがほとんどなのです。

なぜ、キャバクラのお店ではBGMで洋楽を流しているのでしょうか。

今回の記事では、キャバクラのBGMで洋楽を流す理由や、洋楽を流す上でのルールをご紹介していきます。
キャバクラボーイのお仕事を始める人は必ずチェックしておきましょう!

キャバクラの「BGM」は邦楽より洋楽が正解!?理由はなぜ?

キャバクラの「BGM」を洋楽にして売上アップ!?
ほとんどのキャバクラのお店で流すBGMは洋楽です。

ボーイがキャバクラのBGMに洋楽を選曲するのには理由があります。

キャバクラに来るお客さんは、非日常的な空間でキャバ嬢との会話を楽しむことを目的にしていますよね。
そこで、邦楽のBGMが流れていると歌詞が頭に入ってきやすく、キャバ嬢とお客さんの会話の邪魔になってしまいますし、非日常的空間の演出もできません。

だからこそボーイは、歌詞が頭にはいってきづらく、非日常的空間を演出しやすい洋楽をBGMとして選曲することが多いんですよ◎

BGMを洋楽にすることで、お客さんは非日常感を満喫し、キャバクラ店に対し居心地の良さを感じます。
そうすることで、お客さんは自然とお店に長居したい気持ちが増し、延長の可能性&売り上げアップが期待できるんです!

キャバクラの「BGM」を時間帯別に調整して売上アップ!

キャバクラの「BGM」を洋楽にして売上アップ!?
キャバクラでは、BGMも売上アップにとても重要なポイントであり、キャバクラボーイの仕事の一つです!
時間帯別で流すべきBGMの曲調をしっかりと理解しておきましょう!

開店時は【アップテンポの曲】

開店時は、キャバクラの店内全体を盛り上げるべくアップテンポのBGMを流しましょう。
早い時間はボーイがキャバ嬢をどんどんチェンジして付け回すため、気持ちを盛り上げるBGMはとても重要になります!

アップテンポのBGMをボーイがかけることによってお客さんの気持ちが盛り上がってお酒を飲むペースが上がったり、延長してくださる確率も上がるんですよ。

遅い時間帯は【ゆったりとしたバラード】

延長が入りそうな遅い時間帯は、ゆったりとしたバラードのBGMを流しましょう!
ゆったりとしたBGMを聞きながらお気に入りのキャバ嬢と過ごすことで、お客さんの満足度があがります。

満足度が上がったお客さんは、更に延長してくれるかもしれませんし、再来店率も各段にUPします!

閉店1時間前【ヒーリングミュージック】

閉店時間を守っていただくためにも、1時間前からお客さんの退店を促すようにしましょう!

ヒーリングミュージックは、その名の通り癒しの音楽です。
ヒーリングミュージックをBGMとしてかけることで、心が落ち着き、お客さんにキャバクラで過ごした時間を満足していただけます。

満足したお客さんは退店時間通り帰ってくださるので、ボーイの閉店業務等の仕事もはかどるんですよ◎

キャバクラで「BGM」をかけるときの注意点3つ!

キャバクラの「BGM」を洋楽にして売上アップ!?
キャバクラでBGMをかける上で、絶対に注意するべき点が3つあります!
キャバクラボーイは、注意点もしっかりと理解しておきましょう。

録音した曲は違法

PCや音楽プレイヤーに楽曲を取り込み、店舗のBGMとして流す事は違法行為です。
スピーカーに接続してお店のBGMに使用するということは、「私的利用のための複製」の範囲を超えてしまうからです。
そうなった場合、利用許可が必要になってしまいます。
利用許可を得ずに複製した音源をボーイがBGMとして流した場合も違法行為になり、処罰されてしまいます。

ただし、著作権フリーの音楽の場合はBGMとして使用しても問題ない場合があります。
その場合は、楽曲が店舗BGMや商用利用可能かどうか利用規約を確認してみましょう。

CDを使う際は著作権料を支払う

自身で購入したCDをキャバクラのBGMとして使用する場合は注意が必要です。
CDの価格に含まれているのは、個人使用を想定した著作権料です。

キャバクラの営業中にボーイがCDをBGMとして流す場合は、
個人使用の範囲を超えているため、JASRACへ使用許可を申請して著作権料を支払わなくてはならないのです。

音楽配信サービスは商用利用可かチェックする

音楽配信サービスは数多くありますが、その全てがJASRACに使用許可を申請しているとは限りません。
商用での使用許可が出てないのにも関わらず、ボーイがキャバクラのBGMとして使用した場合は、著作権侵害になってしまいます。

しっかりと商標利用可か確認したうえで音楽配信サービスを使用しましょう。

なお、楽曲の著作権使用料をJASRACに支払っている音楽配信サービスと契約すれば、店舗側がJASRACに使用料を支払う必要はありません。
そのような音楽配信サービスを利用する際は、契約コストやお店の雰囲気に合ったBGMが数多く配信されているかどうか確認しておきましょう。

キャバクラ「BGM」を上手に活用して売上アップを狙おう!

キャバクラの「BGM」を洋楽にして売上アップ!?
キャバクラボーイの仕事において、あまり紹介されていないBGMですが、売上アップにとても重要なことなのです!
邦楽よりも洋楽を選び、そしてキャバクラの非日常的空間を演出できる楽曲を選択するようにしましょう。

時間別に流すBGMを変えて、お客さんの満足度をUPさせることが鍵となります!
満足度が高いお店は、お客さんにとって、時間の延長や再来店に繋がります。

店舗BGMの法的ルールをしっかり守って、キャバクラのお店の売上アップを狙いましょう!

さて、今回はキャバクラボーイとしての売上アップ方法のヒントを一つ得られたかと思います。
売上に貢献できるキャバクラボーイは経験・未経験に関係なく昇進&高収入をゲットできる可能性が大きくなります!

まだ働くキャバクラ店が決まっていないという方は、ぜひ「メンズ体入」であなたにぴったりのお店を探してみてくださいね。

メンズ体入」では、厳しい審査を通過した『優良店』ばかりを掲載してるので、安心×安全に稼げるキャバクラが見つかります。
ぜひ、「メンズ体入」であなたにピッタリのキャバクラを探してみて下さいね!