業種解説シリーズ第一弾☆キャバクラ・ニュークラブ・クラブ・ラウンジ

業種解説シリーズ第一弾☆キャバクラ・ニュークラブ・クラブ・ラウンジ

ナイトワーク業種解説シリーズ第一弾!

「ナイトワーク」と言っても業種は数多くあります。
それぞれの業種によって特徴が違い、仕事内容や服装、女の子の雰囲気も変わってくるのです。
そのため、ボーイなどの男性ナイトワークを希望する場合でも、まずは業種を絞るのが肝心となっています。
ここでは業種解説シリーズ第一弾として、ナイトワークの基本業種である「キャバクラ」「ニュークラブ」「クラブ」「ラウンジ」の特徴を紹介していきます。
各業種の特徴を知って、ナイトワークを始める際の業種選択で参考にしてみてください。

「ナイトワーク業種解説シリーズ第二弾」はコチラ

「ナイトワーク業種解説シリーズ第三弾」はコチラ

・キャバクラ

業種解説シリーズ第一弾☆キャバクラ・ニュークラブ・クラブ・ラウンジ
<特徴>
キャバクラはナイトワークの中でも、最もメジャーな業種となっています。
基本的には、お客さんに対し女の子がマンツーマンで接客します。
料金システムとしては、時間制になっているのが特徴です。
スタンダードな衣装はドレスやスーツですが、コスプレキャバクラでは文字通り、コスプレ衣装で接客をします。
お店によってコンセプトが違っているため、働いている女の子も様々です。
未経験の女の子や学生さんが働いているケースも数多くあります。

<ナイトワークのポイント>
キャバクラのポイントは、男性の仕事の幅が広いことが挙げられます。
ボーイはもちろん、キッチンや送りドライバーの仕事など多くの職種で求人募集がされています。
そのため、バイトとして気軽に始めることができるのです。
また、キャバクラは系列店があるお店も多く、ボーイとして実力を認められれば、幹部にのし上がりやすいです。
将来的に独立を目指している方にも、キャバクラはおすすめとなっています。

・ニュークラブ

業種解説シリーズ第一弾☆キャバクラ・ニュークラブ・クラブ・ラウンジ
<特徴>
ニュークラブは、キャバクラを少し高級にしたお店です。
システムはキャバクラと同様で時間制なのですが、キャバクラよりやや高めの設定となっています。
店内は豪華となっており、女の子の質もハイレベルとなっています。
料金設定が高いため、お客様から求められる女の子の質も高いのです。
また、料金設定のためか、客層は富裕層が多く、比較的年齢層は高めとなっています。
落ち着いたお客様が多いのが特徴です。

<ナイトワークのポイント>
ニュークラブもボーイとしてだけでなく、幅広い求人が出されています。
なかでもソムリエやバーテンダーなど、専門知識を活かすことができる求人が多いのがポイントです。
ニュークラブは料金設定が高いため、こだわりのあるお酒を提供する傾向があります。
そのため、専門知識を持ったソムリエやバーテンダーを採用しているのです。
また、初心者でもOKのケースも多く、ソムリエやバーテンダーに興味がある方は、ニュークラブの求人に応募してみるのがおすすめです。

・クラブ

業種解説シリーズ第一弾☆キャバクラ・ニュークラブ・クラブ・ラウンジ
<特徴>
クラブは、複数人でお客さんを接客するスタイルが一般的です。
ママやチーママがおり、料金体系は時間制ではなく、「席料」+「飲み物代」というシステムを採用しているお店が多いです。
クラブは、豪華な店内で料金設定も高めなのが特徴となっています。
そのため、客層は上品で落ち着いた方が多い傾向があります。
また、「礼儀」「マナー」「気遣い」に厳しいのが特徴です。
キャバクラのように、お客さんに対してフランクに接しすぎると、ママから注意されることもあります。

<ナイトワークのポイント>
クラブで男性がナイトワークを始める場合、ボーイだけでなくエスコートやキャッシャー、送りドライバーなどの求人があります。
いずれの職種で働くにしても、品格が求められるのがポイントとなっています。
クラブでは「礼儀」「マナー」「気遣い」に厳しく、これはクラブで働く男性にも求まれるのです。
逆に言えば、クラブでナイトワークをすることで、品格を身に付けることができます。
自分の成長のために、クラブでナイトワークを始めるという選択肢もありです。

・ラウンジ

業種解説シリーズ第一弾☆キャバクラ・ニュークラブ・クラブ・ラウンジ
<特徴>
ラウンジは、最近流行しているナイトワークの業種となっています。
キャバクラよりも、やや軽いイメージのナイトワークです。
特徴としては、女の子が私服で働くことができるのが特徴となっています。
お客さんの年齢層は比較的に高く、女の子の年齢層も少し高いです。
ラウンジの中には会員制のシステムを採用しているお店も多く、安心して働くことができます。

<ナイトワークのポイント>
ラウンジでの男性のナイトワークは、ボーイだけでなくキッチンなど幅広い募集があります。
ポイントとしては、キャバクラよりもラフさがあることです。
キャバクラは「The ナイトワーク」でギラギラしているイメージが多少ありますが、ラウンジは女の子が私服で働くこともあり、もっと気軽な雰囲気となっているのです。
そのため、ギラギラしたナイトワークが苦手な方にとっては、ラウンジでナイトワークをするのが向いているのです。

ナイトワーク業種解説シリーズ第一弾まとめ

今回は、業種解説シリーズ第一弾として、「キャバクラ」「ニュークラブ」「クラブ」「ラウンジ」について詳しく解説してきました。

いずれの業種もボーイから、送りドライバー、キッチン、ソムリエなどなど、幅広い求人をかけているところが多いです。
ただし、業種によってお店の雰囲気や客層が異なります。
業種の特徴を把握して、自分に合ったお店を探しましょう!

「ナイトワーク業種解説シリーズ第二弾」はコチラ

「ナイトワーク業種解説シリーズ第三弾」はコチラ