資格を活かそう!キャバクラの「ソムリエ」として働くノウハウとは?

キャバクラの「ソムリエ」ってどんな仕事?


キャバクラのソムリエの仕事は一般の飲食店のソムリエと変わらず、お客様とコミュニケーションを図り、好みなどを把握して最適なワインを提供することです。
一般の飲食店との違う点といえば、キャバクラは料理のレパートリーが少ないため、ワインと料理の複雑な組み合わせを考えなくても良いという点です。

キャバクラのソムリエには高度なスキルを求めないのか?というと、そうではありません!

ソムリエの求人を出しているキャバクラはワインの知識が豊富であり、コミュニケーション能力に長けてる人を求めています。自分が主役になるのではなく、キャストの影になりながらワインを通じてお客様をもてなせる人と一緒に働きたいのです。

キャバクラのソムリエは一般の飲食店よりも高収入を狙いやすいので、ソムリエの資格や経験を活かしたい人がステップアップの場として選択する人も多いですよ。

必要なスキル


キャバクラのソムリエとして働くためには様々なスキルが必要になります。ホールやキッチンなどと違い、誰でも気軽に始められる職種ではありません。
キャバクラのソムリエとして働くために必要なスキルとは何なのか?具体的にご説明します!

ソムリエの資格・経験

資格がある人と資格がない人とでは採用率に大きな差が出てきます。

ソムリエの求人を出しているお店の中には資格を持ってなくても働けるお店がありますが、ほとんどのお店で資格を取得している経験者を募集しています。

お客様に最適なワインを提供するにはある程度の経験とセンスが必要となってくるため、全く経験がない人にはかなり厳しい仕事だからです。
お店側も未経験者を育てるほど余裕がないので、資格を取得していて実務経験がある人を採用する傾向にあります。

仮に未経験でソムリエになりたいと考えているなら、まずはキャバクラやレストランなどのバーテンダーとして働きながら、ワインの勉強をしていくことをオススメします!

ワインの知識

キャバクラはキャストと一緒にお酒を楽しむ場所です。お気に入りのキャストに好かれようとお客様の羽振りが良くなるため、一般の飲食店やレストランよりも高級なワインを注文される確率が高いのです!

お客様が高級なワインを頼むときはソムリエにアドバイスを求めることが多いので、的確なアドバイスができるかどうかがとても重要です。知識が不足していて的確なアドバイスができなかったら、お客様がワインを頼むのを辞めてしまう可能性だってあります。

お客様にとって適切なワインを選ぶためにも、ソムリエはワインを始めとしたお酒の知識が広く備わっていなければならないのです。

テーブルマナー

ソムリエになるためにはお酒の知識が豊富なだけでなく、テーブルマナーも身に付いていなければなりません。ワインを嗜む人はマナーや作法に厳しい人が多いからです。

  • ワインをグラスいっぱいまで注ぐ
  • ラベルを下に向けて注ぐ
  • ボトルの注ぎ口をグラスにあてる

これらは全てマナー違反です。
お客様の前でこのようなマナー違反をすると、お客様の対応をしたソムリエだけでなくお店の信用も下がってしまいます。

ソムリエが在籍するお店は高級店がほとんどなので、求められるレベルも高くなります。お客様に良い印象を持ってもらうためにもテーブルマナーを身に付けておきましょう。

できる「ソムリエ」のノウハウ!


ここまではソムリエになるための最低限のスキルです。
キャバクラのソムリエとして成功するためには、キャバクラ独自の知識やスキルが必要となってきます!

おもてなしの心を忘れない

お客様に最適なワインを提供するためにはワインに関する知識が豊富であることに加えて、一般の飲食店よりも高いコミュニケーション能力と優れた観察力も兼ね備えてなければなりません。

キャバクラに来るお客様は料理やワインを楽しむことよりも第一に、キャストと話すことを目的に来店されます。ソムリエがお客様と接する時間が一般の飲食店よりも短くなるため高いレベルを求められるのです!

そして何より、ソムリエの仕事は、ワインの知識をお客様に紹介することではありません。
ワインを通して<お客様をおもてなしする>ことがソムリエの仕事です。

お客様に直接ワインの説明をしたり、テーブルでの提供があるため、ボーイレベルでお客様への気配りが必要となってきます。お客様が「何を求めているのか」敏感に察知し、満足して頂ける時間を提供しなければなりません。

影になる

ソムリエはお客様にワインについて語る機会が多いですが、短く簡潔に語ることが大事です。

キャバクラの主役は“あくまでもキャスト”です。お客様はソムリエのあなたではなく、目の前にいるキャストと喋りたいのです。

お酒の知識に疎いキャストをさりげなくフォローしたり、お酒の説明を事前にキャストにしておいて、キャスト自身がお客様に語れるようにするなど、でしゃばらず女の子に華を持たせるのができるソムリエです。

タイミングを見極める

  • お客様が今どんなワインを飲みたい気分か
  • 頼まれてる料理との相性
  • トークの内容

これらをしっかり考慮して、お客様にとってベストなタイミングでワインを提供する必要があります。お客様がキャストと盛り上がってるときにワインを提供したり、良い雰囲気に水を差すようなタイミングは絶対にNGです。

できるソムリエは「空気を読む」ことに長けています。ワインがお客様を楽しませる最高のアイテムになるように提供してください。

日々、勉強を怠らない

今年のトレンドは何か?今、注目されてるワインとは?などなど。常に新しい知識を身に付けなければなりません。

ワインを嗜むお客様は新しい情報を求めているため、勉強を怠ってるソムリエは相手にされません。古い知識のままで通用するほど甘い世界ではないので、ワインの勉強を常にしておく必要があるんです!

ソムリエとして成功を収めたいなら、最新の情報を頭の中に入れておきましょう!

▼▼▼キャバクラで「ソムリエ」として働くスタッフのインタビューはコチラ▼▼▼

ソムリエとしての「理想」を追求した結果、叩いたのは「キャバクラ」の門!【歌舞伎町・アマテラス/大川さん】

キャバクラで「ソムリエ」として働けるのは選ばれし者だけ!?


キャバクラでソムリエを常駐してるお店はまだまだ少ないので、働きたくても働けないのが現状です。
もしキャバクラのソムリエとして働くことができれば、一般のレストレンよりも高収入を得られる可能性が高いので、資格や経験を活かしたい人にオススメの職種なんです!

「求人が少ないから働ける確率が少ない」と諦めてはいけません。
メンズ体入ならソムリエの求人がたくさん載っているのでチェックしてみてください。