縁の下の力持ち!キャバクラの「キッチン」として働くノウハウとは?

キャバクラの「キッチン」ってどんな仕事?


キッチンの仕事と聞いて、まず初めに何を思い浮かべますか?一般的な考えとして「ドリンクやフードを作る」ことが第一に挙がってくるかと思います。

では、キャバクラのキッチンはどのような仕事なのでしょうか。キャバクラの求人にも、キッチンの仕事内容には「簡単な盛り付け業務」として記載されていることが多いです。

キャバクラのキッチンの基本的な仕事は、お客様のドリンクやフードの注文をボーイから聞き、それらを作ってボーイへ渡すことです。調理が難しいものに関しては専門のシェフがいたり、調理を外注したりするキャバクラもあります。

では、キャバクラのキッチン募集ではどのような人・スキルが求められるのでしょうか。
基本的に必要な資格などはなく、未経験・無資格だとしても大丈夫です。ただ、「丁寧さとスピーディーさを意識出来る」「体力がある」「段取り良く行動出来る」という人は、お店にとって嬉しいポイントかもしれません。

実際にどのような人やスキルが求められるのか、次で詳しくご説明します。

必要なスキル


キッチンとして働くにあたり、必要なスキルはこれといってありません。調理のスキルより、丁寧さと時間をしっかり意識出来るかどうか、料理を盛り付けるセンスなどを求められます。お客様と直接会話をすることが滅多にないので、接客が苦手という人にも人気の職種となっています。

調理のウデ

キッチンは、特別資格がなくても働けますが、調理師免許があれば最高です。

調理師免許を持っている人はお店の即戦力として働けます。本格的な料理を提供しているお店もあるため、調理のウデを磨くことも出来るんですよ。

また、キッチンの給与相場は正社員で月給25万円~28万円ですが、調理師免許がある場合は優遇されて更に高収入を得られることもありますよ。

盛り付けセンス

料理を提供するうえで重要になってくるのが盛り付けです。

一から作ったものでも、出来合いのものでも、「盛り付け」をしてお客様に提供するためセンスが問われます。フルーツやお菓子の盛り合わせだとしても、お客様に「ただお皿に乗せただけ」と悟られないように、いかに見栄えの良い盛り付けが出来るかがポイントになるんです。

お皿によって盛り付け方法を変えるのはもちろんですが、料理の量を多く見せるために中心部を高くしたり、隙間をなるべく作らないなど、盛り付けには様々なコツがあります。

実際にレストランなどの飲食店に行ってみて、どんな盛り付けだったら綺麗に見えるかを自分の目で確かめたり、スタッフ同士で「こんな盛り付けが良いよね」と協力して勉強するのも大事ですよ。

効率的に仕事を回す力

キッチン業務で重要なのは、効率的に仕事を回す力があるかどうかです。キッチンがもたついてオーダーした物の提供が遅れると、最悪の場合クレームに繋がりかねません。

例えば、料理やドリンクの提供が遅くなってお客様が怒ってしまい、注文がキャンセルになったとします。そうなると、お店の売上も必然的に下がってしまいますよね。だからこそ、お客様の満足度や売上を上げるためにも、注文を効率良くさばく必要があります。

「どうしたらもっと早く提供出来るか」を考え、無駄のない動きを意識して行動することが大切ですよ。

できる「キッチン」のノウハウ!


キッチンは裏方として、お店にとってかなり重要な役割を果たします。「夜のお店で働きたいが、裏方として働きたい」という人や、「料理が好きなだけで資格はないがキッチンとして働きたい」という未経験の人でも出来るキッチンになるためのノウハウをご紹介していきます。

「洗い物」は慎重かつ丁寧に!

キャバクラで使用するグラスなどは、クリスタルガラスという透明度の高い素材のグラスを使用している場合が多いので、普通のガラスコップよりも繊細に扱う必要があります。
適当に洗ってしまうとすぐに傷がついたり、くすみが残ってしまうこともあるからです。

クリスタルガラスを綺麗な状態で保つには、スポンジを使用せずにぬるま湯で手洗いをして、グラス磨き専用のふきんで水気をふき取と良いですよ!

曇ったグラスや汚れたお皿ではお客様の満足度が下がってしまいますよね。料理だけでなくグラスや食器類にも目を配ることが重要です!

キッチンの環境に目を配る

バックフロアに位置する調理・洗い場にお客様が来ることはありません。ですが、お客様から見えないからといって、汚いキッチンで余り物で作ったフードを提供していては、お店の質が下がり売り上げに影響します。

キッチンの環境・備品・食材などは常にチェックして万全の体制を整えることが大切です。異物混入などを防ぐためにも、衛生面の管理を徹底することも非常に重要となってきますよ。

裏方でもプロ意識を!

お客様への直接の接客はありませんが、キッチンの動きでお店の質が決まると言っても過言ではありません。

キャバクラでは時間を区切ってサービスを提供しているので、お客様も限られた時間で女の子たちと楽しんでいます。その中で料理やドリンクの提供が遅れるということは、お客様の楽しい時間を削ぐことになってしまうのです。

料理やドリンクを通じて、お客様へのおもてなしをしている意識は大切にしましょう。

キャバクラの「キッチン」の仕事は資格がなくても始められる!


「キッチンって、資格がないと働けなさそう」と思う人もいるかもしれませんが、キッチンはソムリエのように資格が要りません。料理が好きな人には最適の仕事ですし、接客もしないので、接客が苦手な人でも気軽に働けます。

好きなこと・得意なことのみの仕事で高収入を手に入れることが出来るんです!

また、将来は料理に携わる仕事に就きたいという人にとっても、お店で少しずつ経験を積んでいけるのでキッチンの仕事はオススメです。キャバクラのキッチン募集をしている求人情報はたくさんありますし、シフトの融通が利くため学生やフリーターも多く働いていますよ。

資格がなくてキャバクラのキッチンの仕事を諦めてしまうのはもったいないです。料理が好き、キャバクラのキッチンの仕事に興味がある人はぜひ一歩踏み出してみましょう。自分の中で想像していたキッチンとはまた別の世界が広がるかもしれませんよ。