1日の【仕事内容】を大公開!キャバクラボーイ(黒服)の仕事って何するの?

キャバクラのボーイ(黒服)ってどんな仕事をするの?

様々な職業がある中でも、高時給が魅力的なキャバクラのボーイ。では、そのキャバクラのボーイとは一体どんな仕事をするのでしょうか?

今回この記事では、高時給で稼げると言われている、キャバクラで働くボーイの1日の仕事内容を詳しくご紹介していきたいと思います!

キャバクラボーイの「1日の動きと仕事」

キャバクラで働くボーイの1日の仕事は、お店の営業中だけではなく、営業前の準備や営業後の片付けなども含まれます。

では具体的にどんな仕事をやるのか、実際にキャバクラで働くボーイの1日の仕事の流れを見ていきましょう!

18時〜営業前の準備

キャバクラの営業開始時間は20時のところが多く、ボーイは基本的にお店がオープンする約2時間前に出勤をして営業前の準備をします。

営業前に行う主な準備は下記の3つです。

  • 掃除
  • 買い出し・おしぼり準備
  • キャバ嬢の出勤状況チェック

お客様はもちろんですが、キャバ嬢や他のスタッフ、さらには自分自身が気持ちの良い環境の中で過ごせるように、キャバクラの営業前の準備は大事なんですよ!

営業前に行う準備はお店によって少しずつ変わってくるため、お店ごとの仕事をしっかりとチェックしてくださいね!

・掃除

出勤をしてまず最初に行うのが店内の掃除です。お店全体に掃除機をかけたり、お客様が座るソファーやテーブルを綺麗にします。それからトイレ掃除もボーイの仕事なので、しっかりとピカピカにしましょう。

・買い出し・おしぼり準備

掃除が終わったら、次はキャバクラの営業で必要なトイレットパーパーや領収書など、備品の買い出しに行きます。営業中になくなって困ってしまう前に、常に余裕がある状態にしておくことが大事です。

それからおしぼりの準備も必須です。キャバクラではおしぼりがあらゆる場面で使用されるため、ストックを作成しておきます。キャバクラで使用されるおしぼりには2種類あり、かわしぼ、つめしぼと言われています。

かわしぼは乾いたおしぼりなので、おしぼり業者から届いたおしぼりを広げて乾かしておきます。つめしぼは冷たいおしぼりのため、開店前に冷蔵庫に入れて冷やして保管しておく必要があります。

・キャバ嬢の出勤状況チェック

基本的にキャバ嬢の出勤状況チェックは、キャリアの長い人が行っているお店が多いです。

今日は、どのキャバ嬢が出勤してくるのか、遅刻をしたり急に休む子はいるかの確認をします。当日の出勤状況を見て、予約されているお客様がいる場合は、どのキャバ嬢をどのお客様に当てるかなどを決めます。

キャバ嬢はお店がオープンする1時間前くらいにシフトインをしていることが多く、オープンするまでの間はお客様に「今日お店に来れますか?」など、営業の連絡をしています。そこで突然来てくれるというお客様がいた場合も、キャバ嬢と連携を取って「○○ちゃんは今日休みだったけど、同伴で○時に出勤する」など、調整を行います。

20時〜営業開始・営業中の仕事

お店がオープンしたらお客様も続々と来店するため、ヒマになることはありません。営業中はボーイとしてより一層気を引き締めて仕事をすることが大切ですよ。

営業中に行う主な準備は下記の5つです。

  • お客様の接客
  • ドリンク作り・配膳
  • 付け回し
  • パシリ
  • トラブル対応

では営業中の業務について、実際に詳しく見ていきましょう。

・お客様の接客

お客様が来店したらまずは笑顔でお出迎えをして、荷物や服を預かります。そしてキャバ嬢の指名を伺い、席まで案内をします。

荷物に関してはどれが誰のものかを分かるように保管して、帰りの際はスムーズに渡せるようにすることが大切です。

・ドリンク作り・配膳

席まで案内をしたら、ドリンクを聞いて作ったり、料理などの注文があった場合は配膳をすることもボーイの仕事です。

席でのドリンク作りは基本的にキャバ嬢の仕事ですが、常連の方などはボーイに作ってほしいという人もいます。お客様によってお酒の濃さの好みは違うため、一度来店した人の好みは覚えておくと良いでしょう。

また、場合によってはキャバ嬢が飲むお酒を作ることもあります。中にはお酒が苦手で飲めないキャバ嬢もいるので、お客様にバレないように薄めに作ったり、ノンアルコールを提供してあげると良いです。

・付け回し

営業中、キャバ嬢の機嫌を左右するのがこの付け回しです。どのキャバ嬢をどのお客様につけるか、キャバ嬢とお客様の相性を見極める必要があります。

どうしてもキャバ嬢の苦手なお客様を付けてしまう場合もあるので、その時はそこの卓の雰囲気をしっかりと観察し、すぐにキャバ嬢を入れ替えたり、機嫌の悪くなってしまったキャバ嬢をなだめたりすることも大切です。

【基礎知識】キャバクラボーイの花形業務「付け回し」を徹底解説!

2019.04.09

・パシリ

時にはパシリをすることもあります。タバコや、お客様が食べたいものなどを営業中に買いに行くのもキャバクラボーイの仕事内容の1つです。

もしお客様に頼まれたら、嫌な顔をせずに行ってあげましょう。キャバクラのお客様がお会計で支払う「サービス料」には、パシリ代も含まれているのです。

・トラブル対応

キャバクラなどの夜のお店だけでなく、接客業にはトラブルがつきものです。何かあっても焦らず、臨機応変に対応できるように心構えをしておくことが必要となってきます。

もし、自分だけではどうにもならない時はすぐに店長や先輩スタッフに相談しましょう。

1時〜片付け・明日の準備

さて、お店が閉店してからもキャバクラボーイとしての仕事は終わりではありません。

営業後に行う主な準備は下記の2つです。

  • テーブル清掃
  • 洗い物

片付けや翌日の準備も重要な仕事内容なんです。

お客様が帰った後はどんな業務があるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

・テーブル清掃

キャバクラの営業が終了してお客様が全員帰った後は、テーブル清掃を行います。

各テーブルの上には飲み終わったグラスや料理の皿、灰皿などが残っているので全て回収をし、テーブルの上を綺麗にします。

また、テーブルやソファに汚れがついていることもあるので、拭き取りをして翌日の清掃をラクにすると良いですよ。その際には、テーブル周りに落とし物がないかもチェックしておきましょう。

・洗い物

テーブルから回収したグラスや灰皿を洗うこともキャバクラで働くボーイの仕事です。
汚れをしっかりと落として、食器棚に片づけましょう。

キャバクラボーイに大切なのは「おもてなしの精神」

キャバクラのボーイはれっきとした「接客業」です。

お客様に対しても、キャバ嬢に対しても、お店にいる全員が居心地良く過ごせるように”相手が何をして欲しいのか”を見極めることがキャバクラボーイの仕事であり、役割でもあります。

常にアンテナを張って先回りをし、「おもてなしの精神」を意識することが大切なんですよ!

キャバクラボーイは働く環境も大切!

キャバクラのボーイとして居心地良く働くには、環境が大切です!そこで、お店探しが重要になってきます。

「実際にどのお店が良いのか分からない」という人は、厳しい審査を通過した優良店ばかりを掲載している「メンズ体入」でお店を探してみましょう!