【スタッフインタビュー】「仕事」は一人じゃ出来ない!キャバクラボーイ(黒服)は甘え上手であれ…!?【歌舞伎町・ジェントルマンズクラブ/千葉さん】

【スタッフインタビュー】「仕事」は一人じゃ出来ない!キャバクラボーイ(黒服)は甘え上手であれ…☆【歌舞伎町・ジェントルマンズクラブ/千葉さん】

ナイトワークで働く男性スタッフインタビュー、今回は新宿・歌舞伎町ジェントルマンズクラブにお勤めのヘッドコーチ「千葉さん」のお話しをお伺いしました。

終始とっても謙虚で物腰柔らかな姿勢でいらっしゃった千葉さんでしたが、お話しの内容はまるでビジネス書…!?
人見知りだったという千葉さんが、いつの間にか接客TOPの役職になったという…キャバクラボーイとしてだけでなく「仕事をする上で大切な事」をたくさん語って頂きました。

新宿・歌舞伎町ジェントルマンズクラブといえば、超人気YouTuberキャバ嬢であり、ナイトワーク専門求人サイト「体入ドットコム」の公式モデルも務める「椿そら」さんの在籍されるお店!

ジェントルマンズクラブの環境だからこそ会得できた、キャバクラボーイの仕事の極意とは…!?最後までご覧下さい!

華やかさに憧れて☆ナイトデビューから早10年で得た役職とは!?

【スタッフインタビュー】「仕事」は一人じゃ出来ない!キャバクラボーイ(黒服)は甘え上手であれ…☆【歌舞伎町・ジェントルマンズクラブ/千葉さん】
キャバクラの「ヘッドコーチ」ってどんな役職なのですか?

ジェントルマンズクラブと系列のアジアンクラブで決められてる役職です。

他のキャバクラにはなかなか無い役職なので表現が難しいのですが、僕は他のスタッフさんと比べるとお客様の席で接客をすることが多い感じです。
お客様と接してる時間が長くて、そういったコミュニケーションの部分を評価して頂き今があるのかなと思います。

最初にキャバクラボーイをやろうと思ったきっかけは?

大学進学と共に上京してまずはアルバイトを探そうと思って、時給や条件などでキャバクラのボーイを選びました。
大学入学したその日にナイト業界デビューもしたんです!
そこから10年間、ずっとナイト業界でキャバクラのボーイをしています。ジェントルマンズクラブも5年目になります。

キャバクラなどのナイト業界に抵抗は無かったのですか?

元々ナイト業界に対してまったく知識が無くて、だからこそ逆に先入観が無かったんです。

田舎から東京に出てきてバイトを探してる時にキャバクラボーイの求人情報を見たら、都会らしい華やかさのある広告があって、その華やかさに興味と憧れを覚えたので応募しました。
抵抗感よりも華やかさへの興味が勝って足を踏み入れたという感じです。

キャバクラボーイの仕事は「◯◯管理」が基本!

【スタッフインタビュー】「仕事」は一人じゃ出来ない!キャバクラボーイ(黒服)は甘え上手であれ…☆【歌舞伎町・ジェントルマンズクラブ/千葉さん】
キャバクラボーイ新人時代の思い出を教えて下さい!

先入観は無かったですが最初の1年目はやっぱり怖さというか、緊張感はありました。
もうガチガチで…辛かったです。挙動不審だった。
仕事も満足に出来ないし、人見知りだったから話すのも苦手だったので…お客様やキャストに自分から話しかけることなんて全くできませんでした。

今は「仕事モード」に切り替えができるようになって、店の中だけはしっかりできるようになりました!店の中だけですが…(笑)

仕事モード!その切り替えスイッチはなんですか?

酒の力ですかね…(笑)
キャバクラなどのナイト業界はお酒を飲みながら働ける特殊な仕事だと思うんです。

自分のような人見知りの性格だと、お酒で勢いをつけられるっていうのはとても良い事だなと思います。
その勢いがあったから、仕事モードで接客できるようになったので!
ただ、飲み過ぎは良くないです…

失敗もあったんですか?

はい…
そもそも食べるのが好きで、さらにお酒をたくさん飲んでたので…20キロ太ったんです!!!

太ると体調も悪いし、朝起きれないし、逆にお酒も量飲めなくなるし、そうすると接客も上手く出来なくなるので気持ち的にも辛かった…あ、あとヒザが痛かったです(泣)
完全に悪循環でした。これは失敗したな〜と思いましたね。

意外!今は全然太ってないですよね?

頑張ってピークから15キロ痩せました!

今もダイエットチャレンジは終わって無くて、食事制限と運動をしています。
毎日出勤前にプールで歩いてますよ!体調管理は本当に大切です!!!

努力家ですね〜!仕事をする上で「体調管理」は大切ですよね☆

はい、自分の身を崩してから「健康じゃないと何も出来ない」と改めて感じました。
仕事をする上での基本ですね、体調管理!!

「お店のため」を第一に!仕事をする上で「甘え上手」で居るべき理由

【スタッフインタビュー】「仕事」は一人じゃ出来ない!キャバクラボーイ(黒服)は甘え上手であれ…☆【歌舞伎町・ジェントルマンズクラブ/千葉さん】
スタッフになって良かったことってありますか?

人と話せるようになったし、前向きになったことです。
元はすごくネガティブだったけど、クヨクヨしてても意味ないと思えるようになりました。
そしてお客様とたくさん接する立ち位置にまでなれて、更にそれをジェントルマンズクラブで評価してもらったことも嬉しかったです。

キャバクラボーイの仕事をする上で意識してることは何ですか?

お客さんの顔色、女の子の体調、周りの状況を常に見ることです。
でも、状況を把握するためには普段の会話から相手のことを知っておく必要があって、関わった人を誰一人ないがしろにせずコミュニケーションをとるようにしています。

そして、もっとも大切なのは「周りを頼ること」ですね。

「頼る」って簡単そうで難しいですよね。

ですね、僕は出来ないことは出来ないので、それを隠さないです!先輩も後輩も関係なくスグに頼る。
一人一人何かしら特化した部分があるので、みんなの良いところを頼って持ちつ持たれつ仕事をするということを大切にしています。
仕事って一人じゃ出来ないですから☆

たしかに!頼るテクニックってあるんですか?

元の性格もあると思うのですが、上手に甘えることです♪

上司もですが、後輩にもばんばん甘えちゃってます(笑)
お店のことを第一に考えると自分だけでは解決出来ないことが多いし、うまく甘えて頼ることでスムーズに仕事が進みます。
その為にも、普段からのコミュニケーションは大事ですよね!

コミュニケーションが大切なのはお客様だけじゃないということですね!

はい、ナイト業界って色々な境遇の人が色々な経緯で集まってて、色々あるからこそお互い認め合うし打ち解けるのが早い方だと思うんです。
自分がそうだった分、人見知りで仕事に慣れない人の気持ちは解るので…積極的に絡みます!

そうやってスタッフ同士で協力することがお店のプラスになります。

一度きりの人生だから…「やって後悔」しよう!!

【スタッフインタビュー】「仕事」は一人じゃ出来ない!キャバクラボーイ(黒服)は甘え上手であれ…☆【歌舞伎町・ジェントルマンズクラブ/千葉さん】
今後の目標はありますか?

今後は上司が居なくても店が回せるようになることですね。
店長レベルの仕事ができるようになりたいです。
今まで頼る側の人間だったのですが、これからは頼られる人間になって行きたいです!

それも「お店のため」ってことですね!

はい、比較的ジェントルマンズクラブはトラブルというトラブルが無く、それというのも、一回あったトラブルをしっかり全員で共有しているので同じことが繰り返されないんです。
つまり、先輩の方々が苦労してきた分、今があるってことなので…上の方々にはいつも感謝しています。
そして自分も下の代にそれを伝えてゆきたい!

そんな頼もしい先輩から、これからキャバクラボーイとして働きたいと考える人達に一言!

今は法令遵守のお店も多いのでナイト業界のイメージはかなりクリーンです。
人生は一度きり!やらないで後悔するのはもったいない!向いてる向いてないよりも興味を大切にしてボーイの世界に踏み込んで欲しいです。

あと、高時給でまかない・送迎付きのキャバクラボーイは大学生のバイトとしてはもってこいだと思います!
ジェントルマンズクラブのまかないはかなり豪華なので、ぜひ食べて欲しいですね♪

Gentleman’z club(ジェントルマンズクラブ)

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-10-7 ダイヤモンドビルB1F
西武新宿駅:徒歩7分
JR新宿駅/東新宿駅/新宿三丁目駅:徒歩8分

募集職種
・幹部候補&ホール
・キッチンスタッフ
・送りドライバー

☆ 「歌舞伎町・ジェントルマンズクラブ」の詳しい情報を もっと見る ☆