キャバクラのソムリエのお仕事ってどんなもの?

キャバクラソムリエ

特別なひと時の提案!キャバクラのソムリエの仕事

キャバクラの中でも、高級店と言われるようなお店ではキャストの女の子の質は勿論のこと、店で出すお酒の品質についてもこだわっています。
また、お客様の立場として、相当高いお金を出してお酒を買うのならば、飲んでみたけど好みじゃなかったなんてことは避けたいと思うものです。
そのような需要に応えるために、キャバクラでソムリエを雇って、接客をさせている店舗があります。

キャバクラのソムリエの仕事って?

ソムリエの仕事としては、一般の飲食店でもキャバクラでもそこまで仕事の内容は変わりません。
ワインを注文しようとしているお客様とコミュニケーションをとってお客様のワインの好みを伺い、店にあるワインの中から最適なものを提供するということです。
レストランとは違い、多くの料理のレパートリーとワインの複雑な組み合わせを考えなくて良い分、その点は労力が少ないかもしれません。
ワインに対して、合うおつまみを提案するようなイメージです。
ここで勘違いして欲しくないのが、ソムリエの真骨頂は、ワインに詳しいということではなく、ワインを通じた接客でお客様をもてなすことにあるということです。
少なくとも、知識を鼻にかけてお客様を見下すような振る舞いをするソムリエはソムリエ失格です。
キャストの女の子同様、どうすればお客様がキャバクラで過ごす時間を楽しんで、また来たいと思ってくれるかということを真剣に考えることが必要なのです。
また当然ですが、手が空いている時には他のボーイと一緒になって接客に携わることになるでしょう。

資格はあった方が圧倒的に有利

キャバクラのソムリエの求人の中には、未経験でも育成することを謳うものもあります。
しかし、ソムリエとして働きたいのならば、資格をもっていた方が求人に応募する際には圧倒的に有利になると思われます。
ホールのボーイならば、接客のことを何も知らなくても灰皿に吸い殻が溜まったら交換しなさいと指示を出して、何とか仕事をさせることもできます。
しかし、何も知らない人間にとりあえずワインをおすすめしてみろというのは話にならないので、未経験のソムリエを育成するとなると、雑用をさせつつ時間をとって教育しなければなりません。
まともにやるなら、教育をする側としてもされる側としても、かなりの負担を覚悟することになるでしょう。
日本で通用するソムリエの資格は複数存在し、飲食店での実務経験が必須なものもありますが、経験がなくても勉強して試験に通れば、資格がもらえるものもあります。
しかし、これからソムリエとして大成することを考えているのならば、キャバクラではなく料理に関する知識もつけられるレストラン等で勤めて、経験を積んだ方が無難です。
逆に既にソムリエとしての実務経験があり、資格も持っているのならば、資格を活かして高収入を得るための働き口として、キャバクラという選択肢はありだと思います。