キャバクラのホールのお仕事ってどんなもの?

キャバクラボーイ

キャバクラのホールの仕事は全ての基本

ホールに立ってお客様の様子を伺い、注文を受けたり、灰皿を交換したり…。
そんな一般的な黒服のイメージに近い仕事を一般的にホールと呼びます。
キャバクラで働く男性なら、間違いなく誰もが一度は通る道でしょう。

キャバクラのホールは普通のウェイターと何が違う?

ホールという仕事自体はキャバクラに限らず、一般の飲食店等にも存在するウェイターと似ています。
基本的な動き方はそうした普通のウェイターの仕事とそこまで違うことはなく、飲食店で働いたことのある方なら、その部分は問題なく馴染めるかと思います。
それでも、キャバクラのホールには他と異なる大きな特徴が2つあります。
一つは、灰皿、アイスペールの交換を徹底的に行うことです。
レストランで、店員がお冷の継ぎ足しや灰皿の交換に目を光らせていることはそうないと思います。
しかし、キャバクラはお酒や料理が主役ではなく、その場所での楽しいひと時そのものを提供することに価値があるので、お客様に余計な気を遣わせないよう細やかなサービスを行うのです。
もう一つ、キャバクラのホールの仕事と一般的なウェイターの仕事が異なる部分といえば、お客様の注文を受けるだけでなく、女の子へのドリンク購入や延長をして頂けるようお声がけをする所です。
さすがにいくら使わせろ、というようなノルマを課されるようなことはありませんが、お客様とキャストが楽しく話している所へさりげなく入り、邪魔になることなく売り上げを伸ばすことができるスキルのある方は、ボーイとして一目置かれることは間違いありません。

ホールの仕事は頼まれたら何でもやること!?

キャバクラボーイ

キャバクラのホールの仕事は、大体上で紹介したような形で進んでいきますが、実際のところ思っても見ないような事を色々と任されるのがホールで働くボーイの仕事です。
単純に、キャバクラの中での仕事の分担として最も人数が多く、人数が増減しても他と比べてあまり影響がないため、雑用は大体ホールのボーイに回ってきます。
例として、お客様にタバコを買ってくる、他の店にお酒を借りてくる、誕生日パーティーの準備をするといった買い出し系の仕事があります。
また、場合によっては盛り上がったお客様に話しかけられ、無茶振りをされることも稀にありますが、そこでホールの仕事をきちんとこなしつつ失礼にならないようお客様に対応することも求められます。
このようなホールの仕事を通じてキャバクラがどのようなものであるかを学び、対応力やサービスの質を認められたボーイには、指名係のようなさらなる面白い仕事への道が開けていきます。