キャバクラの送りドライバーのお仕事ってどんなもの?

キャバクラ送りドライバー

慣れれば楽!?キャバクラの送りドライバーの仕事

キャバクラに関わる仕事の中でも異彩を放つのが送りドライバーのお仕事。
キャバクラに来店するお客様とは関わらない場所で、キャバクラの運営を支える孤高の存在です。
そんな送りドライバーの仕事は実際どんなものなのか、詳しくご紹介いたします。

送りドライバーの基本的な仕事内容

送りドライバーに求められる業務は、夜遅くの出勤で終電がなくなったキャバ嬢を、車で家まで送り届けること、以上です。
それってタクシー運転手と何にも変わらなくないか?と思われるかもしれません。
タクシー運転手と送りドライバーが大きく異なる点をまず一つ挙げるなら、送りドライバーはほとんどの場合、自前の車を用意して仕事をします。
そのため、ワゴン車のような人数を多く載せられる車を持っていると、送りドライバーとして採用されやすいです。
また、予約のタクシーのように決まった時間にお客が乗ってきて、送り届けた距離でお金を貰うのではなく、一晩中待機して複数の送りに対応し、日当と歩合給を貰うという働き方になります。
送りの合間に仮眠を取ることも可能ですが、送りドライバーの仕事は夜を徹して朝まで行うことになることもあるので、そのつもりでいた方が良いと思います。
送りドライバーはキャバ嬢とは仲良くなれる?なれない?
「そんなことはどうでもいいから、送りドライバーはキャバ嬢と仲良くなれるの?」という殿方の声がそろそろ聞こえてきそうなので、その点についてお話ししたいと思います。
まず言っておきたいのは、ほとんどのお店が、送りドライバーは女の子に自分から話しかけてはならないというルールを設けているということです。
送りドライバーを嫌がったキャストに辞められたり、送りドライバーにセクハラ事件を起こされたりすると店としてはたまったものではないので、当然の措置だと言えます。
ましてや、下心をむき出しにするような送りドライバーは即刻クビになると思って良いです。
それでは、送りドライバーはキャバ嬢とは決して仲良くなれないのでしょうか。
実は、そうは言ってもキャバ嬢も人間なので、送ってもらっている最中に仕事の愚痴を言うこともあれば、暇つぶしにドライバーに話しかけてくれることもあります。
さすがにそういったコミュニケーションを無視しろとまでは言われないので、節度を持って接すればキャバ嬢と楽しく話しながら送りの仕事をすることも可能です。
逆に言うと、そこで女の子に嫌われるような言動を取ってしまう方はすぐに女の子達から総スカンを食らってしまい、仕事を長く続けるのは難しいでしょう。
また、仕事のストレスが溜まっている女の子は不機嫌になっていますし、やれ早くしろ、コンビニに寄れ、と注文が多く、それにいちいち腹を立てていては送りドライバーは務まりません。
変な期待を持たず、おおらかな心を持って女の子達を気遣ってあげられる方ならば、送りドライバーは比較的高い時給で女の子との交流を楽しめる仕事として、継続的に続けられる仕事だと思います。