キャバクラのバーテンダーのお仕事ってどんなもの?

キャバクラバーテンダー

職人技で花を添える。キャバクラのバーテンダーの仕事

キャバクラで提供されるお酒は普通のバーで出すお酒と違い、言ってみれば女の子との楽しいひと時という主役を引き立てる脇役のような存在です。
ですから、キャバクラの店舗によってはお酒の作り方などそれまで全く知らなかったアルバイトが、マニュアルを見ながらお酒を作っているなんてこともあります。
しかしながら、本格的なサービスを志向する店舗では、きちんとしたカクテル作りの技術をもったバ−テンダーを雇用しようとしている所もあります。

バーテンダーの仕事はお酒作り、だけじゃない!

キャバクラのバーテンダーの仕事は、勿論注文があったお酒を作って、ホールへ提供することです。
カクテルには大きく分けてビルド、シェーク、ステアといった作り方があります。
ビルドはグラスの中に材料を直接注いで作るやり方で、これは特に技術を必要としないため、バーテンダーが本当に忙しければ、ホールのボーイが代わりに作ることもあります。
ジントニック、モスコミュールといったカクテルがこの分類にあてはまります。
皆さんがバーテンダーと聞いて想像するあの銀色のシェーカーを振って作る方法がシェークです。
カクテルの作り方の記事ではないので割愛しますが、このシェークの仕方が決して簡単ではなく、きちんとしたカクテルを作るためには練習を要するようです。
ステアは、ミキシンググラスとストレーナーという器具を使ったカクテルの作り方で、こちらも素人が見よう見まねでやるのでは、本格的なカクテルは作れないようです。
このようなバーテンダーとしての技術を求められるのは勿論ですが、多くのキャバクラではバーテンダーにキッチンでの働きも求めており、簡単な調理ができるようになることも必要です。
カットフルーツの乗ったカクテルやフルーツ盛りの注文に対して、粋でおしゃれな切り方をして場が盛り上がるような物を提供できるよう、ナイフの扱いも学んだ方が良いかもしれません。

バーテンダーは未経験でもできる?

キャバクラバーテンダー

キャバクラのバーテンダーの求人は、未経験でも募集しているものもあります。
ですから、技術を身につけていくやる気さえあればいきなりバーテンダーになることも可能ではあります。
そうはいっても、ホールスタッフとしてではなく、わざわざバーテンダーとして雇用するのですから、店としては技術レベルの高いスタッフにバーテンダーをして貰いたいと考えるのは当然です。
もし貴方にどこかでバーテンダーを務めた経験があれば、応募する際に大きな強みになるでしょう。
キャバクラを盛り上げる立役者の一人として、お酒について興味があって、手に職をつけたいを考えているなら、ぜひバーテンダーという職にチャレンジしてみて下さい。